言葉ができる人は羨ましい

やっぱり学生でいる間は、「英語」や「外国語」という科目とは縁が切りたくても切れないものなのですよね。小学校はそこまで英語の授業はないところが多いですが、中学からは地獄の英語の授業が始まり、大学になってもやっぱり必修科目です。

専攻は関係なく、皆決まった英語のクラスをとらなくてはいけません。高校までの英語の授業の延長みたいな感じの内容なクラスですが、毎回あの英語の授業がある日は朝から憂鬱です。

内容的にも本当にあれなのですよね、ロボット式の授業というか、歌を歌うわけでもなくゲームをやるわけでもなく、音読したり文章読まされたり質問応えさせられたり、昔ながらの「ザ・英語の授業」という感じです。先生は人が良いのでそれがせめてもの救いです。

そしてやっぱりどの英語のクラスにも帰国子女やハーフの子が一人か二人はいるものです。高校のときにもいました。私の高校はとくに帰国生をたくさん受け入れているようなところではなく、ごく一般的な高校で、地元出身の人たちが多いです。

でもそれでも転校してきた帰国生の人たちや、地元で育ったアメリカとのハーフの人たちがたまにいるものです。まあ今の時代そういう人が一人もいない学校の方が珍しいかもしれませんが。

そういう人たちって羨ましいのですよね。帰国子女だったら小さい頃から当たり前のように英語を喋っていたりしてもう英語の方が日本語より得意の人もたくさんいますし、ハーフの場合も小さい頃からどちらかの親と英語を喋っていたりしてやっぱり英語に関しては不安は何もないみたいです。

とてもあるようには思えません。その代り帰国子女もハーフも色々独特な悩みがあるでしょうけどね。なので何も努力しないで一言で「羨ましい」というのも間違っていることは分かっています。

でもやっぱり横から見ていると羨ましいと思ってしまうのですよね。格好良いですし、私も帰国子女になりたいと思ったりします。今の時点でもうなれませんけどね。今はクラスメイトの発音が良い帰国子女の女の子を目指すような気持ちで必死に英語の勉強を頑張るしかありません。

専攻上これから英語をたくさん使うことはあまりないとは思いますが、英語は死ぬまで役に立ち続けるはずの言葉だと思うので頑張ります。

自分の過去を変えることはできなくても、努力で自分のこれからは変えることができるはずです。私も英語が流暢な人を目指して、とりあえず今目の前にある英語の授業を頑張ろうと思います。